もみじやのこだわり

餡について

最中やあんぱんに使う小豆は北海道産の大粒小豆を使う事で、皮の量が少なく、粒あんの嫌いな方でも食べやすいようにしています。赤飯やどら焼きに使う北海道産大納言小豆は、風味豊かな大納言の香りを活かし、中の(ゴ)が逃げないように1日かけてじっくりと炊いていきます。100年以上小豆と向き合い、培ってきた他社にはない独自の製法で炊き上げた「もみじや」の餡をぜひご賞味下さい。

新商品開発

新商品開発には、常に取り組んでいます。月に一度は試作をし、皆で試食をしながら選ばれた商品が店頭に並びます。徳島の自然の恵みのフルーツや野菜を新商品に取り入れる。 阿南市、徳島県の地域資源を活かし、何回も何年もかけて完成させていきます。 出来るだけ、ロスを少なく使い切るよう材料を大切に使います。また、菓子名に歴史上の人物や地名などを使うよう心がけています。